エステ 求人 アウトソーシング ひとしきりのひとりごち 彼氏彼女の事情 感想 忍者ブログ

アニメのことが大好きな大浦のブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼氏彼女の事情 感想

そういえば、彼氏彼女の事情を17話までしか見ていなかったことに気付いたので、最終話まで見直しました。
全26話…意外と短いな…

グレンラガンの見直しもあと三話だし~
やっぱり面白い作品は何度見直してもおもしろい!
でも、やっぱりタイトル増やすのが今春の目標なんだからちゃんと新しいものも開拓しないとね!

彼氏彼女の事情って、略してカレカノだけど、
カレとカノの読みが違うのってかっこいいよね!
そして事情を二乗とかけて、
「彼2」と表記しちゃうのはもっとかっこいいね!


というわけで感想開始。
ab97e4cb.jpeg

カレカノ最高ですね。
流石庵野です。エヴァンゲリオンで使われていた、信号や電柱による演出が素晴らしい。心揺さぶる。それだけで、世界に引き込まれてしまいます。というのは、ある程度、他作品を知っている人の意見。
普通に、見ている分にも最初のつかみとしては、ギャグっぽくて非常に面白いと感じました。
テンポもいいし…。

そのあと話が進むにつれてだんだんと二人の恋心が繊細に描かれていくようになる。
ああ…告白前のドキドキをここまで伝えてくる作品が現在どれだけあるだろうか!いや、ない!
夕暮れに染まる教室、二人っきりの状況。そんな状況で告白されたらたまりませんね!
なんでこんなに興奮してるんだろう俺。ちょっと落ち着け…


関係ない方向に話が行くが、化物語をみるとどうしてもカレカノを思い出してしまう。
①たとえば、印象的に描かれる信号機や表札。化物語だと、妨げの象徴だが、庵野作品では心情表現である。似ている気がする。演出が。
②次にあまりにも原作に対して忠実であること。化物語も原作のセリフを全く変えることなく声優に喋らせた。流石に、ストーリーまで完全に同じにはできずに、カットされた部分もあるのだが、それはやむなし。カレカノにおいても、セリフの変更はほとんどなされていない。それどころか、漫画のカットが要所要所に使われている。漫画を読んでいるわけではないのでわからないが、もしかすると構成すら全く同じかもしれない。若干だがテンポにムラがある気がする。あれは23分枠に収めるための工夫では…。疑ってしまう。
③次に、重要なシーンでキャラクターが止まるというところだ。化物語では「アニメの静」と呼ばれているが、モーションを一切カットする演出である。それによって、セリフが一層際立つ。カレカノではちょっと趣向が違うが、重要シーンで原作漫画のカットが入れられることである。これは結果的に「アニメの静」と同じ効果を果たしている。決してこの演出は動画書きたくないからという理由でなされているわけではないはずである。
④さらにアイキャッチやタイトルに使われている画像だ。タイトルはご覧のとおり、まるで何かの原稿かのように線が入っている。これは、化物語のタイトルに原稿かのようにフォントが明記されているのと似ているきが。さらに、サブタイトルやアイキャッチでの漢字表現は、化物語のやけに難しい漢字表現の挿入と印象が近い。
⑤そしてこれが一番の類似点だと思うのだが、次回予告が二人の妹によってなされることだ。しかも明るいコント調。また、メインストーリーにはほとんど関与しないところも似ている気がするのだ。
この共通点はなんだろう。化物語が意識したのか。それとも斬新さを求めて結果がいっしょだったのか。
まぁどちらも結果面白い作品であることには変わりない。




話は変わるが、彼氏彼女の事情の中で一番好きな話は17話である。
この話は有馬が夏の剣道インターハイの出場のために、京都へ行ってしまったため、雪野がさびしい思いをする話である。Aパートは雪野は新しい友達と楽しい夏を過ごしているのだが、やはり有馬がいないとどこかさびしく感じてしまうことを弱めに主張している。
8578aaf1.jpeg

Bパートで有馬は帰ってくる。部活からも解放された有馬は自由時間が増えたので、二人はすぐにデートをすることを決める。そこで雪野は成長してさらに男らしくなった有馬を見て、「再び」恋に落ちてしまう。雪野はその恋の強さのあまり、有馬と自然に話せなくなる…。それを、避けられていると感じた有馬は…。
c5e167e4.jpeg
激昂のあまり暴力を!そんなイケナイ!
でもこのシーンの雪野は最高に可愛く感じてしまう…私が一番イケナイ…

43108bbf.jpeg
 


     「離さないから
     避けられても嫌われても関係ない
     宮沢を振り向かせるまでどれだけ待ったと思ってるの
     もう待たない。宮沢の気持ちなんか知らない
     僕は宮沢を手放す気なんか少しもないんだ!」


こんなこと言われたら男だろうと女だろうと惚れますよね~。
いや、すでに二人は好きあってるんですけど…。
でもこれはかっこいい発言だね。痺れる、憧れるぅ~

そしてこの告白を受けた宮沢雪野は、有馬に好き過ぎてどう接していいのか分からなくなっていただけなんだと伝える。
久々に会った二人は、お互いの愛を確かめ合うのであった。

これで最終回でいいと思うんだよね!
この後もまぁ二人のでれでれな学園生活は続くのだが、はっきり言って蛇足…。
最終回にどんなスペクタクルが待っているかと思いきや、有馬君が雪野に嫉妬して機嫌悪くなるだけだし…。
Bパートは別の二人の恋模様だし。

まぁ演出に関しては、相変わらず酷評を恐れずに斬新なことをやろうとする姿勢が見受けられるけどね。
エヴァンゲリオンから懲りていやしない。
最終話キャラクターのセリフはそこそこに全部ナレーションで解説するなんて。
アニメの根本を覆すような演出だよね。ちょっと音声映画(目の見えない人のための映画)を思い出した。
まぁ画面に映し出されるキャラクターのセリフが読めないと全く意味不明なんだけど。


17話までの盛り上がりはすごいものがある。
総集編で、視聴率やアンケートの結果を発表する当たり斬新さを感じずにはいられない。
でも常に4%越えはすごいな。やっぱり人気だったんだろうな。
当時まだ私はあまりアニメを見ていなかったので分かんないんだけど。せいぜいアンパンマンを見ていた歳だしね。いやぁ過去作品って素晴らしい。

どんどん懐古厨になってくな。
まぁいいや。ありのままの自分でいよう。
ということで今回は終わり。



さがしものなんですか
みつけにくいものですか
かばんのなかも つくえのなかも
さがしたけれど みつからないのに
まだまだ さがすきですか
それよりぼくとおどりませんか
夢の中へ夢の中へ行ってみたいと思いませんか
ウフフ ウフフ ウフフ さぁ~


「これからのあらすじ!」(with弟)
「今日はカレカノを全話見たけど、そのあと東京マグニチュード8.0も再び全部見たのだ!」
「あれね、あれなけるよね~」
「だから次はそれについて感想書いちゃうぜ!」
「お兄ちゃん、ガチ泣きだったもんね~」
「いうな。胸が痛くなる」
「次回ひとしきりのひとりごち。東京マグニチュード8.0感想!」
「「押忍!」」
「男だと暑苦しいな…。」

拍手[0回]

PR
          

Comment

無題

  • くすり   
  • 2011/02/22 (火)01:37  
  • edit

去年みたなー!
カレカノはいいよな!

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

読書メーター

赤槻さんの読書メーター
赤槻の最近読んだ本

最新コメント

[06/05 赤槻]
[01/24 赤槻]
[01/24 くすり]
[01/08 赤槻春雄]
[12/09 まみ]

カウンター

一日一人来てくれればそれでいいです。 あ…今日はあなたですか。

最新トラックバック

バーコード

P R

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA