エステ 求人 アウトソーシング ひとしきりのひとりごち それでも町は回っている 八番地 感想 忍者ブログ

アニメのことが大好きな大浦のブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それでも町は回っている 八番地 感想


結構前の話だけど。
八番地。「全自動楽団」

b865e188.jpeg

今回はめっちゃ短く。
Aパートのオリジナルストーリー面白かった。いろんな自動販売機があるんだね。
うん、オリジナルやってくれるアニメは素晴らしい。

Bパート
たっつんが真田にライブを見に来てくれと言った後のシーン。
画面構成的には二人は下駄箱に遮られる形になっている。
これはたっつんの告白の認識と、真田の認識が異なっており、隔絶していることを示している。
この技法は、化物語のまよいマイマイと共通するところがあったので気になった。
このような画面構成にたいして状況の情報を付加する技法は、映画のような写実的な作品においては不調和を起こす。この技法は広告などの十八番であったが、映像作品に用いられることは前例が少ない。
しかし、現実に写実的ではない、かつゼロから画面構成を行わなければいけないアニメーションにおいてはそれも「許容」される。許容という言葉づかいを用いたのは、そのような表現が意味を持つのはあくまでも視聴者がそれを読み取ることのできる能力を持っていることが前提である。よってそのような見方をする人に対しては意味を持ち、許容されるのだ。
それは3Dのアニメーションと共通するところがある。
784a6e84.jpeg3ffff8bf.jpegdad09127.jpeg

面倒くさいので今日はここまで。

拍手[0回]

PR
          

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

読書メーター

赤槻さんの読書メーター
赤槻の最近読んだ本

最新コメント

[06/05 赤槻]
[01/24 赤槻]
[01/24 くすり]
[01/08 赤槻春雄]
[12/09 まみ]

カウンター

一日一人来てくれればそれでいいです。 あ…今日はあなたですか。

最新トラックバック

バーコード

P R

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA